ウィッグってどうなの?

2016年2月26日(金) 16:49

ウィッグでおすすめは?調べてみますとやはりばれないよう自然なものが求められているようです。

ポイントは毛の質感とつむじとのこと。

リアルな質感と輝きのもの、毛の生え方のバランスやつむじの場所が自然であるかチェックします。

また自分が使いたい場面などでも選ぶものは変わってきます。

例として長さやボリュームを調整したいか全体的な印象チェンジがしたいかなど。

もっとポイントを挙げるならサイズ感など着け心地も外せないですし、たくさんある商品の中からどんなものが自分にぴったりなのか見失わないようにしましょう。

市販されているヘアカラーなどでは人毛でないと染めるのは難しいとのこと。

そうはいってもいろいろ調べると種類や染色方法を選べば人工毛でも染められるということがわかりました。

どんな染色方法があるのかというとアクリル絵の具や布を染める染料、それからインクなどを使ったり色落ちは心配ですがペンで塗る方法もあるとのこと。

中にはお湯を使ったりさらに煮込んだりする方法もあるのでその際は耐熱性のものに限られます。

また色は白に近い方が希望の色に染まりやすいのでおすすめです。

ただ劣化の可能性もあるのでその点注意が必要です。

ファッションアイテムとして多くの人に取り入れられているウィッグはそれぞれのデザインでバランスなどひとつの商品として出来上がっているものがほとんどでしょう。

そうはいっても人によりさらなる改良を加えたいと思う場合も無きにしも非ずです。

手段として一つ挙げられるのがカットですが一度切ってしまったら元通りに戻すことは二度とできません。

実は美容室の中にはかつらを専門にしている所もあるらしくアレンジなども含め自分一人の力では不安なときはプロの技術にお任せするというのもひとつの方法です。

地毛につけるつけ毛のことをエクステと呼びますが着け外しに技術が必要なこともあるので主にサロンで取り扱われています。

手軽にできるハーフタイプがよく選ばれているというお話も聞きますが一方でフルタイプで人気なのはどんな種類のものなのでしょうか。

人毛はやはり仕上がりが自然なため要望が多いようですがお手入れや利便性などから見て人工毛をおすすめする人もいるようです。

またいろいろなつけ方があるようで長持ちしやすい編み込みや短時間で取り付け可能なチップなどがあります。

最終的に重要なのはプロの意見も聞きながら希望を叶えられるようにすることです。

コメントは受け付けていません。

«

»

▲Pagetop